これからの在り方について再考する

これからの在り方について再考する

彦根中薮の家

これからの在り方について再考する 彦根中薮の家

このプロジェクトは子育てをひと段落した夫妻のLDKを家族構成が変化した中でキッチンを中心としたリノベーションです。
キッチンを厨房機器の一つとしてではなく、一つの家具としてとらえ、またこの空間のシンボルとしての役割を果たす空間になります。

この家は15年前に某ハウスメーカーの鉄骨造で建てられています。
一般的に鉄骨造のハウスメーカーなどの家はリノベーションやリフォームが困難だと言われていますが、
建築家がかかわることによりそれを可能とできる場合があります。
リノベーション前はキッチンを支えるように1mほどの壁があり、その壁が動線や光の入りを悪くしていました。
その壁を取り払いアイランドキッチンにすることのより動線をスムーズに、
キッチンの天井をリノベーション前よりも下げる事によりリビングの天井を高く見せる事に成功しています。

Design : 殿村 明彦 (COLOR LABEL DESIGN OFFICE)

Awards

2018年 TDYリモデルコンテスト2018 奨励賞 受賞


Reconsidering the way of the future: Nakabuya's house in Hikone City
This project is a renovation focusing on the kitchen in a changing family structure of the couple's LDK who has settled down on raising children.
The kitchen is considered as a piece of furniture, not as a piece of kitchen equipment, and serves as a symbol of this space.

This house was built 15 years ago by a house maker from steel.
It is generally said that houses such as steel-frame house makers are difficult to renovate and renovate,
In some cases, it can be made possible by the involvement of the architect.
Before the renovation, there was a wall of about 1m to support the kitchen, and the wall made it hard for traffic lines and light to enter.
Removing the wall and making the island kitchen smoother the flow line,
By lowering the kitchen ceiling than before the renovation, we succeeded in making the living ceiling look higher.

Design: Akihiko Tonomura (COLOR LABEL DESIGN OFFICE)

data

竣工 2018年10月
所在地 滋賀県彦根市中薮
用途 住宅
施工期間 2018.08-2018.10

media

Contact

時間の経過した新しさ

彦根野良田の家

時間の経過した新しさ

CATEGORY
House
LOCATION
Shiga 05.2021

素材の可能性を引き出す

東近江小田苅の家

素材の可能性を引き出す

CATEGORY
House
LOCATION
Shiga 04.2021

外界とを繋ぐ

彦根安清東の家

外界とを繋ぐ

CATEGORY
House
LOCATION
shiga 01.2021

BPM60

彦根松原の家

BPM60

CATEGORY
House
LOCATION
shiga 06.2020
DATA
HOUSING 2021年4月号

表れた躯体との調和

世田谷粕谷の家

表れた躯体との調和

CATEGORY
House
LOCATION
Tokyo 03.2020
DATA
建築専門誌『心地よい空間をつくる 小さな設計・建築事務所』
名古屋モザイク総合カタログ2021-2022

水盤のゆらぎがある美と機能

京都桜井の家

水盤のゆらぎがある美と機能

CATEGORY
House
LOCATION
kyoto 02.2020
DATA
TECTURE MAG