Infinite space
on the rooftop.

建築と庭について

建築家 殿村明彦が主宰のCOLOR LABEL DESIGN OFFICEでは庭のデザインもしています。建築と外構と造園とを分けずに一緒に考えてほしい。これが建築家 殿村明彦の願いです。

近頃、新興住宅地などでは駐車スペース確保のため地面の大半をコンクリートで被い、木が一本だけ植わっているような外構をよく見かけます。これはその場しのぎの外構としか言いようがありません。家の周囲を見渡せは街路樹が近くにあるかもしれませんし、お隣の家の庭に素敵な樹木が植わっているかもしれません。これらを家の窓から見えるように取り込んだり、周囲の景色なども取り込んだ庭のデザインができるかもしれないのです。

そこで建築家 殿村明彦が主宰のCOLOR LABEL DESIGN OFFICEでは建物をデザインする際には必ず現地に足を運び周囲を感じてからPLANに取り掛かります。それが建築家の責任だと考えるからです。

建築の専門家『建築家 殿村明彦』と植物の専門家『植物屋 外山達也』

先ほども書きましたが庭だけを見るのではなく、その周囲の環境や自然に生えている山々の樹木、建物との関係性をふまえて庭をデザインする必要があります。しかも地域によっては適しない植物や、雪の備えもしくは日当たりが良すぎて温暖な地域に向かない植物などさまざまです。

そこでCOLOR LABEL DESIGN OFFICEでは、2人のの専門家が協力しその建物に適した最高の庭を追及します。

建築の観点からCOLOR LABEL DESIGN OFFICE『建築家 殿村 明彦』、植物の観点から花好mokumeの『植物屋 外山達也』の2人が庭の提案をします。庭の施工もデザインを叶える大事な部分ですので信頼できる職人に施工をお願いするためこちらで請け負わせていただきますのでご安心ください。

建築家から考えるLsndscape Design、植物屋から考えるLsndscape Design。

公道から建物に至るまでの流れの中に期待感を持たせるように、入口までのアプローチをどう持ってくればいいか。そのアプローチの途中にはどのような植物が適しているのか。また建物内部から、外を眺めた時に写る景色をイメージし樹木の高さ枝ぶりなどを考える。春夏秋冬、朝の空気、夕闇。それぞれのシーンでどのような姿を見せるのか2人の専門家がデザインします。

ショップや家のグリーンコーディネートについて

建物中でグリーンに囲まれて生活がしたい。仕事がしたい。『日当たりが少なくて枯れてしまうのでは』『虫がでできたらどう対処すればいいのか』『水やりの回数や量がわからない』などよく耳にします。ほかにもこの建物をより素敵に見せるにはどんな植物がいいかわからない。このインテリアにあった鉢を提案してほしいなどよく相談を受けます。

そのような場合にも専門家2人で植物の選定から鉢の提案、配置する場所までトータルでさせていただきます。

建築家だからこそ出来ること、植物屋だから出来ることそれを提供します。
お問い合わせは当ホームページのCONTACTよりお願いします。

松と石の共鳴

松と石の共鳴

CATEGORY
Landscape Design
LOCATION
Shiga 02.2020
DATA
栗東小野の家

家族が集える庭があり、ガレージを再考

家族が集える庭があり、ガレージを再考

CATEGORY
Landscape Design
LOCATION
Shiga 06.2019
DATA
長浜酢の家

Second living terrace surrounded by plants

Second living terrace surrounded by plants

CATEGORY
Landscape Design
LOCATION
Shiga 04.2019
DATA
彦根新海浜の家

明と暗で違う表情を見せる

明と暗で違う表情を見せる

CATEGORY
Landscape Design
LOCATION
Shiga 11.2018
DATA
安土常楽寺の家

導かれる路地

導かれる路地

CATEGORY
Landscape Design
LOCATION
Shiga 06.2018
DATA
彦根新海浜の家

自然と一体で感じること

自然と一体で感じること

CATEGORY
Landscape Design
LOCATION
Shiga 12.2017
DATA
彦根彦富 ヘアサロンOuchi

植物の可能性

植物の可能性

CATEGORY
Landscape Design
LOCATION
Shiga 04.2016
DATA
長浜下坂中の家