時間の経過した新しさ

時間の経過した新しさ

彦根野良田の家

時間の経過した新しさ

彦根市にある築27年の分譲マンション。
部屋は細かく分断され部屋の明かりが部屋の壁で届かなくなっており、けして住みやすく日中明るい家とは言えない物件でした。

そこですべてを一度リセットすることにより、大空間を確保しました。

リビングの照明器具や床の見切りなど真鍮を採用。
アイアンにはない素材のやさしさが感じ取れます。

Design : 殿村 明彦 (COLOR LABEL DESIGN OFFICE)

Photograph :  駒井 孝則

Newness with the passage of time
A 27-year-old condominium in Hikone City.
It was not an easy house to live in, and it was not bright during the daytime, because the rooms were divided into small sections and the light from the rooms did not reach the walls.

Therefore, by resetting everything, we secured a large space.

Brass was used for the light fixtures in the living room and for the floor.
You can feel the gentleness of the material, which is not possible with iron.

Design : Akihiko Tonomura (COLOR LABEL DESIGN OFFICE)

Photograph : Takanori Komai

 

data

竣工 2021年5月
所在地 滋賀県彦根市
用途 住宅
施工期間 2021.01-2021.05
延床面積 79.20㎡

media

Contact

時間の経過した新しさ

彦根野良田の家

時間の経過した新しさ

CATEGORY
House
LOCATION
Shiga 05.2021

素材の可能性を引き出す

東近江小田苅の家

素材の可能性を引き出す

CATEGORY
House
LOCATION
Shiga 04.2021

外界とを繋ぐ

彦根安清東の家

外界とを繋ぐ

CATEGORY
House
LOCATION
shiga 01.2021

BPM60

彦根松原の家

BPM60

CATEGORY
House
LOCATION
shiga 06.2020
DATA
HOUSING 2021年4月号

表れた躯体との調和

世田谷粕谷の家

表れた躯体との調和

CATEGORY
House
LOCATION
Tokyo 03.2020
DATA
建築専門誌『心地よい空間をつくる 小さな設計・建築事務所』
名古屋モザイク総合カタログ2021-2022

水盤のゆらぎがある美と機能

京都桜井の家

水盤のゆらぎがある美と機能

CATEGORY
House
LOCATION
kyoto 02.2020
DATA
TECTURE MAG