施工事例

表れた躯体との調和 世田谷区粕谷の家 マンションリノベーション Tokyo 3.2020

2020.03.03 / House

表れた躯体との調和 世田谷区粕谷の家

表れた躯体との調和 世田谷区粕谷の家
東京都世田谷にある築15年の分譲マンション。
2年ほど前に前の持ち主が改修工事をしている物件でした。
しかし、部屋は細かく分断されており部屋の明かりが部屋の壁で届かなくなっており、
けして住みやすく日中明るい家とは言えない物件でした。

そこで、今回のプロジェクトでCOLOR LABEL DESIGN OFFICEが提案したのが、
開放的で家族が集える自然光がたくさん差し込む住まいでした。

ダイニングに面する壁と書斎の壁はガラスで作成し、そのことにより光が奥まで届きます。
床はオーク材のフレンチヘリンボーンを採用。リズミカルな印象を与えます。
既存の天井はすべて取り払い天井高を確保。
躯体のコンクリートをそのままこの家のデザインの一部にしました。

家具や照明はヴィンテージのものを選び、コンクリートの荒々しさや年月の風合いと調和するようにコーディネートしました。

Design : 殿村 明彦 (COLOR LABEL DESIGN OFFICE)

Photograph : 古末 拓也

Harmony with the emerged skeleton: a house in Kasuya, Setagaya-ku
A 15-year-old condominium in Setagaya, Tokyo.
About two years ago, the owner of the previous building underwent renovation work.
However, the room was divided into small pieces, and the lights of the room could not reach the wall of the room,
It was a good place to live and was not a bright house during the day.

So, in this project, COLOR LABEL DESIGN OFFICE proposed,
The house was open and filled with lots of natural light where families could gather.

The walls facing the dining room and the study wall are made of glass, which allows the light to reach deep.
The floor is made of oak French herringbone. Gives a rhythmical impression.
All existing ceilings have been removed to secure ceiling height.
I made the concrete of the skeleton as a part of the design of this house.

Furniture and lighting were vintage and coordinated with the roughness of the concrete and the texture of the years.

Design: Akihiko Tonomura (COLOR LABEL DESIGN OFFICE)

Photograph: Takuya Furusue

お問い合わせ

のついた項目は必須です。

お名前(漢字)
あなたのE-mail
お問い合わせ内容
  

最近の記事