滋賀・京都を中心に住宅・商業施設・外構・リノベーションの設計デザインを行っております

デザインと機能性を兼ね備えた空間を、建築家 殿村明彦がご提案いたします

一級建築士事務所
カラーレーベルデザインオフィス

〒521-1136
滋賀県彦根市新海浜二丁目11番地4

新着情報

「秋の新商品」入荷!スタイリッシュな鉢をご紹介(後編)

2017.10.12 / BLOG

こんにちはアシスタントのkumiです。実りの秋が到来ですね。私は先日マキノにあるピックランドに栗拾いに行ってきました。後日栗ご飯を炊くのが楽しみです。ちなみに栗は新聞紙に包んでビニール袋に入れて冷蔵庫のチルドで数週間冷やしてからの方が甘みが増して美味しくなるそうです。では今日は前編に続き「秋の新商品」をご紹介すると共に「グリーンの飾り方」を写真でご紹介していきたいと思います。

青ゴールド.jpg

小型の新商品をご案内

写真上側のブルーの商品は「タデオキューブ10」という商品で、大きさは縦11㎝横11㎝奥行10.5㎝と小ぶりでとてもきれいなターコイズブルーです。お値段は600円(税別)。スクエアポットで安定感がありコーナーにも置きやすく、立体感のあるエンボス加工模様で、レトロ感あるデザインがとってもかわいいです。また写真下側は「アマダ10キューブ」という商品で、大きさは縦12㎝横12㎝奥行10.5㎝です。お値段は1400円(税別)。どこにでも馴染むお落ち着いたグレーのセメントポット。綺麗な切り子模様で、和風テイストや落ち着いたガーデン、カジュアルにまとめたい空間などちょっとしたスペースに飾りたくなる商品です。これらの商品はすべて底穴がないので、ポリポットに入った植物をそのまま入れて鉢カバーとしてお使い頂くか、サボテン・多肉植物などを植え込んでお使い頂くとよいかと思います。ぜひ一度お店に見にいらして下さいね。

3つ鉢.jpg

オブジェとしてもお勧めの花瓶

こちらは「シルエラ15」という商品です。写真で伝えきれないかもしれませんが落ち着いたマットなパステルカラーがとてもかわいいですよ。斬新な多面体の磁器ベイスで、花瓶として使うのはもちろん、オブジェとして棚やデスクに飾ってアクセントにするのもおすすめです。大きさは高さ14.5㎝でお値段2000円(税別)底穴なし。下の写真の花瓶はこちらの商品の形違いです。一輪挿しやミニブーケでかわいく飾ってみてください。

love1.jpg

こなれ感を演出するお花の飾り方

室内に花瓶や鉢を飾る時「どこに置こうか」「どの角度でお花を生けようか」といろいろ悩みますよね。そんな時は写真の様に花瓶とお花だけではなく、自分のお気に入りのインテリア雑貨などと一緒に飾ってみてください。このひと工夫でこなれ感が出ます。また花瓶を直置きする時に木箱や入れ物などを一段挟んで高さを出して飾るだけでも素敵になります。写真の様にドライフラワーを飾るのもいいですよね。写真のかわいい花瓶は高さ23㎝で2600円(税別)です。

1.jpg

イベントの演出に花やグリーンを飾る

これからのシーズンハロウィンクリスマスとイベントが続きますが、みなさんはどうやって飾り付けをしてますか?お子さんがいらっしゃるご家庭は特に雰囲気作りをしてあげるとより一層そのイベントが楽しくなって盛り上がりますよね。そこで写真の様に家にあるお花や観葉植物などに飾り付けしてみてはいかがでしょうか。この写真は先日、先生の奥様のお誕生日をお祝いする時にHAPPY BIRTHDAYと書かれたガーランドを飾り付けたものです。このちょっとした飾りでその場のパーティー感が醸し出されていました。みなさんにもイベント事の際は、お花やグリーンに飾り付けをして一翼担ってもらうことをオススメします。

階段.jpg

存在感あるグリーンの飾り方

私のデスクは3階にあるのでいつもこの木の下をくぐって階段を上っていくのですが、この雰囲気がとっても好きで癒されます。これからのシーズンここまで青々とした木々を見ることは難しいかと思いますが、常緑樹をおうちに取り入れれば年中こういったグリーンを楽しむことができます。この観葉植物はエバーフレッシュと言ってネムノキの仲間で夜になると葉を閉じるという面白い特徴があるんです。それがまたかわいくて愛着がわいてくるので観葉植物をお探しの方にオススメです。そしてこの鉢は前編でもご紹介した「アルマ コニック」です。エバーフレッシュと部屋の雰囲気にとてもマッチしてます。写真の様にあえて「木の下をくぐらないといけない場所」や「木をよけて歩かないといけない場所」を作るという飾り方も、グリーンの存在感が出るので取り入れて頂きたい方法です。

前編をご覧になっていない方はぜひ一度ご覧下さい。大型の鉢の新商品などご紹介しています。)

最近の記事