滋賀・京都を中心に住宅・商業施設・外構・リノベーションの設計デザインを行っております

デザインと機能性を兼ね備えた空間を、建築家 殿村明彦がご提案いたします

一級建築士事務所
カラーレーベルデザインオフィス

〒521-1136
滋賀県彦根市新海浜二丁目11番地4

新着情報

上級テク「インテリアとしての観葉植物」との暮らし方

2017.05.16 / BLOG

観葉植物で癒し空間を手に入れよう

ウッドデッキグリーン1.jpg

みなさんのストレス発散方法は何でしょう。カラーレーベルデザインオフィスでは観葉植物で家を飾ることをおすすめしています。生活空間に植物があるのは癒しです。コーヒー片手にグリーンを眺めてホッと一息つく瞬間がストレス発散になるのではないでしょうか。もちろんおうちをデザインする時には家の周りにある木々を借景として取り入れることも大切にしていますよ。閉鎖的で暗い空間に生活するより、開放的で外の景色を見ながら生活する方がからだも心も癒されますから。上の写真は「建築家 殿村明彦」の自宅リビングから繋がるウッドデッキの一画です。太陽の光が降り注ぐウッドデッキからは、家を囲う木々はもちろんのこと、センスよく配置された観葉植物が風に揺れてとても癒しになっています。家の内外問わず、グリーンを置いて癒しの空間を作ることはカラーレーベルのコンセプトの一つになっています。みなさんも自宅でのストレス発散方法の一つとして、またインテリアとしてぜひ観葉植物を取り入れてみて下さい。私が働くこのオフィス兼モデルハウスにはグリーンがいっぱいで、仕事をしている時でもリラックスできるんですよ。

インテリアとしての観葉植物

リビンググリーン.jpg

デスクワークをしている時に、ふと振り向くと見えるこちらの観葉植物ウンベラータ。大きな葉っぱが特徴のオシャレで人気なウンベラータは、日傘(ラテン語)を意味しているんです。こちらは初心者さんにもおすすめ。丈夫で育てやすく、大型なのでお部屋のインテリアとしてインパクトも大です。季節や時間でいろいろな顔を見せてくれる観葉植物はインテリアとしてもおすすめなんです。部屋の雰囲気が一段とおしゃれになります。こういった観葉植物やおしゃれな鉢などはカラーレーベルで取り扱っていますので、自宅にも取り入れたいなぁと思ったらご相談くださいね。

グリーンある暮らし

せとと散歩.jpg

このブログを書いているのは、お仕事がお休みの日は息子とお散歩がお約束になっているアシスタントのKUMIです。今の季節は田舎の道を歩いているだけでも木々が青々としていて清々しく、ストレス発散になります。ひとそれぞれいろんな息抜きがあると思いますが、自宅にいて毎日癒されたり、ストレス発散できるって素敵ですよね。カラーレーベルでは一生物のおうちを建てる際、いかに快適に過ごせるかを様々な角度から考え、形にしていくとともに、ちょっとグリーンを取り入れたいなぁとお考えの方にもご提案、販売させていただいていますので事務所兼店舗にもぜひお越しください。

最近の記事