33.124㎡の可能性

33.124㎡の可能性

彦根新海の家

Space saving shared house 33.124㎡の狭小省スペースなシェアハウス

わずか33.124㎡の空間を最大限に活かし、2人の住人が心地よく同じ空間で過ごせることを目的としたプロジェクト。
視覚的に広く見せる奥行きのあるデザイン空間を創り、リビングの南側に大きな開口窓を設けることで光を採り込み四季の移ろいを楽しむことができる。
視線が自然と奥へ誘導され開放感たっぷりの明るい空間になっている。

Design : 殿村 明彦 (COLOR LABEL DESIGN OFFICE)   Photograph : 浅井 千穂

 

data

竣工 2017年2月
所在地 滋賀県彦根市
用途 住宅
施工期間 2016.10-2017.02

media

Contact

時間の経過した新しさ

彦根野良田の家

時間の経過した新しさ

CATEGORY
House
LOCATION
Shiga 05.2021

素材の可能性を引き出す

東近江小田苅の家

素材の可能性を引き出す

CATEGORY
House
LOCATION
Shiga 04.2021

外界とを繋ぐ

彦根安清東の家

外界とを繋ぐ

CATEGORY
House
LOCATION
shiga 01.2021

BPM60

彦根松原の家

BPM60

CATEGORY
House
LOCATION
shiga 06.2020
DATA
HOUSING 2021年4月号

表れた躯体との調和

世田谷粕谷の家

表れた躯体との調和

CATEGORY
House
LOCATION
Tokyo 03.2020
DATA
建築専門誌『心地よい空間をつくる 小さな設計・建築事務所』
名古屋モザイク総合カタログ2021-2022

水盤のゆらぎがある美と機能

京都桜井の家

水盤のゆらぎがある美と機能

CATEGORY
House
LOCATION
kyoto 02.2020
DATA
TECTURE MAG